「宿無し弘文」柳田由紀子著

公開日: 更新日:

 著者はアメリカ在住のジャーナリスト。ある禅僧の実像を追い求めて旅に出た。僧の名は乙川弘文。アップルの創業者、スティーブ・ジョブズが師と慕った人物である。

 弘文は1938年、新潟県の禅寺に生まれた。京都大学大学院で仏教学を学んだのち、曹洞宗大本山、永平寺で修行。67年、請われて渡米し、カリフォルニアにいくつかの座禅道場を開いた。道場には、既存の価値観に反発し、生き方を模索する若者たちが集まっていた。まだ無名のスティーブ・ジョブズもそのひとりだった。

 風来坊のような弘文を追いかける長旅は、カリフォルニアに始まり、日本、ニューメキシコ、ヨーロッパへと続く。訪ね歩いた多くの人たちが、自分の知る「弘文さん」を語った。子どものように無垢で純粋な人。日頃は良寛さん、こと女に関しては一休さん。多分に天然ボケで、完璧からは遠い人。第2の皮膚のように禅を身につけた本物の僧侶。ぐうたら、大酒飲み、破戒僧……。人に会うたび、話を聞くたびに、弘文像が揺らいだ。

 若き日、真摯に求道し、「一生、独身を貫く」と誓っていた弘文は、渡米後、変貌する。2度結婚し、5人の子をもうけた。2人の妻はどちらも常人の目には「難儀な女性」と映った。最初の妻ハリエットは傍若無人な弘文の弟子たちに憤り、2度目の妻キャトリンとの間の長女タツコは「できることなら父とも呼びたくない」と言い放つ。弘文は多くの弟子を救う一方で、家族を苦しめた。最期は小さな池に落ちた5歳の末娘を救おうとして、ともに溺死。64歳だった。

 旅の終わり近く、日本の僧侶が著者に言う。

「弘文さんは、女性たちとともに自ら“願って”地獄に落ちたんだ……」

 地位も名誉も捨て、異国の地で泥をかぶって衆とともに生きることを選んだ弘文。混沌としていたその姿は、最後に泥中の蓮となって像を結ぶ。

(集英社インターナショナル 1900円+税)

【連載】人間が面白い

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路