北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「アンダードッグス」長浦京著

公開日: 更新日:

 いきなり、だ。車の前に男が飛び出してきて、えっと思うと、その男の後頭部が爆ぜる。どこからか銃弾が飛んできたのだ。こういうアクションシーンが頻出する。息つく暇なく連続するから、スリリングだ。

 物語は、1996年の暮れから翌年2月の春節まで。舞台は、返還直前の香港。イタリア人の大富豪から依頼された仕事は、香港の銀行から運び出される大量のフロッピーディスクと書類を強奪すること。そこには世界各国の要人たちの不正の記録がおさめられているという。依頼されたのは、農林水産省を追われた古葉慶太。格闘の訓練を受けたこともなく、銃をもったこともない素人が、なぜそんな大仕事を依頼されたのか、その事情はもっと後にならないとわからない。

 物語には、2018年に古葉瑛美が香港を訪れるくだりが随所に挿入されている。そこでは義父の古葉慶太が14年にマニラのホテル火災で亡くなったことが語られる。彼女が香港を訪れた事情は徐々に明らかになっていくが、このようにいくつもの謎をどんどん積み重ねて、テンポよく物語は進んでいく。

 アメリカ、ロシア、中国、イギリスなど、各国の諜報部が入り乱れるという錯綜した背景と、激しいアクションの連続。人物造形も秀逸だから、ホント、目が離せない。すてきなラストまで一気読みの面白さだ。

 長浦京のベストだ!

(KADOKAWA 1850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

  2. 2
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  3. 3
    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

  4. 4
    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

  5. 5
    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

もっと見る

  1. 6
    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

  2. 7
    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

  3. 8
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  4. 9
    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  5. 10
    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!

    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!

人気キーワード