北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「インビジブル」坂上泉著

公開日: 更新日:

 昭和29年の大阪を舞台にした長編である。主役は、大阪市警視庁の巡査新城洋と、国警大阪府本部警備部の守屋恒成警部補。この「大阪市警視庁」と、「国警大阪府本部」をまず説明する。

 日本を占領したGHQは、警察を解体し、米国式の自治体警察、通称「自治警」と、国家地方警察、「国警」の2本立てに再編した。そのとき発足した大阪市の自治警が警視庁の名を冠することになったというわけ。つまり、戦後の一時期、警察は自治警と国警の2つに分かれていたということだ。

 当然、仲が悪い。さらに、新城は捜査畑一筋であるのに対し、守屋は左翼摘発が専門の警備部。決して捜査が専門ではない。おまけに中卒の新城に対し、守屋は帝大卒のエリートだ。この2人がなぜかコンビを組んで、連続殺人事件の捜査に取り組む、というのが本書だ。

 街を歩けば、旧陸軍砲兵工廠跡を通りかかるし(この地で雨ざらしになっていた金属類を漁る人間たちを描いたのが、開高健著「日本三文オペラ」で、それをデフォルメしたのが小松左京著「日本アパッチ族」だ)、戦争の痕跡がまだ生々しく残る大阪の街がとてもリアルに描かれている。出自も性格も異なる2人がコンビになるというのは「バディーもの」の常套ではあるが、この作者、なかなかにうまい。2019年に西南戦争を描いた「へぼ侍」で松本清張賞を受賞した著者の第2作だが、今回も快調だ。 (文藝春秋 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  3. 3

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  4. 4

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  5. 5

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    西武指名は“110kg大砲”渡部健人「デブ専」貫く球団の勝算

  8. 8

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  9. 9

    菅内閣は個別政策のみで長期的ビジョン・社会像が見えない

  10. 10

    韓国59人死亡の衝撃 インフル予防接種がはらむ重症リスク

もっと見る

人気キーワード