「白蟻女」赤松利市著

公開日: 更新日:

 古希を目前にして夫が死んだ。通夜の夜、恵子は薄暗がりに白装束の夫が立っているのに気づいた。その背後から、白装束の女が「奥さん」と声をかけた。恵子の記憶の引き出しがカタカタ鳴った。

 白蟻女……。40年近く前、この女は恵子の家に上がり込んで、「一緒になれないんだったら死んでやる」と、白蟻の駆除剤を呷(あお)って自殺したのだ。

 白蟻女は夫との間にたった3カ月の思い出しかないのに、恵子には50年近い思い出があるのが納得できない。「思い出をめちゃめちゃにしてやる」と言うと、白蟻女は粒子になって恵子の中に流れ込んだ。

 気がつくと、恵子は新婚旅行の日に戻っていた。

 家族の死をめぐる2編の心温まる物語。

(光文社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  4. 4

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る

人気キーワード