「ファミリーポートレイト」桜庭一樹著

公開日: 更新日:

 コマコは、母親のマコがいつも何かから逃げているように感じていた。元女優のマコは、コマコの目から見ても美しい人だった。そのマコから「コマコ、逃げるわよ」と言われた時、口が利けない5歳のコマコは置いていかれないよう慌てて母親の手を取った。マコの足にはぺたっと赤いものが付いていた。

 公営住宅を出て列車に乗った2人が行き着いたのは山奥の無人駅だった。通りすがりの青年の軽トラックに拾われた母娘は、村の診療所に住み着く。青年は村で唯一の若者で、役場勤務の要だった。コマコは要から字を教わり、本を読むことを覚える。そんな中、夜ごとに要が診療所を訪ねてくるようになり、やがてマコのお腹が膨らみ始める。

 母と娘の逃避行から始まる長大な家族小説。

(集英社 990円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る