「ファミリーポートレイト」桜庭一樹著

公開日: 更新日:

 コマコは、母親のマコがいつも何かから逃げているように感じていた。元女優のマコは、コマコの目から見ても美しい人だった。そのマコから「コマコ、逃げるわよ」と言われた時、口が利けない5歳のコマコは置いていかれないよう慌てて母親の手を取った。マコの足にはぺたっと赤いものが付いていた。

 公営住宅を出て列車に乗った2人が行き着いたのは山奥の無人駅だった。通りすがりの青年の軽トラックに拾われた母娘は、村の診療所に住み着く。青年は村で唯一の若者で、役場勤務の要だった。コマコは要から字を教わり、本を読むことを覚える。そんな中、夜ごとに要が診療所を訪ねてくるようになり、やがてマコのお腹が膨らみ始める。

 母と娘の逃避行から始まる長大な家族小説。

(集英社 990円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る

人気キーワード