「降るがいい」佐々木譲著

公開日: 更新日:

 携帯電話にショートメールで清水真知子の訃報が届いた。差出人の「中西浩也」という名には記憶があった。葬儀は既に終わっていて、「配偶者として」密葬にしたという。真知子はいつもダメな男に引かれがちで、以前の離婚の原因もDVだと言っていた。わたしはメールで連絡して中西に会った。中西は真知子をずっと介護していて、彼女が覚悟したとき、入籍したと言った。中西は別れ際に、わたしと真知子は本当に業界が一緒だと言うだけの仲だったのか確認して帰った。その点ではわたしは隠し事はしなかったが、真知子が中西について言ったことは、言わなかった。(「隠したこと」)

 人の心に隠された小さな「真実」を描く13編の短編。

(河出書房新社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  8. 8

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  9. 9

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る

人気キーワード