「データ農業が日本を救う」窪田新之助著

公開日: 更新日:

 ロボット技術や情報通信技術を活用して、超省力・高品質生産を実現する新たな農業「スマート農業」。その中核となるのがデータだ。気象や作物の育成、肥料や農薬の投入量など、生産に関するさまざまなデータを分析し、農畜産物の生産性向上に役立てるのだ。

 先行するオランダは、国土は九州の1・1倍、経営農地面積は日本の4割しかないが農産物輸出額は世界2位、約10兆円にもなる。かつて同国のトマトは単位面積当たりの収量が日本とほぼ同じだったが、40年で7倍の差が生まれたという。

 生産だけでなく、加工や流通、消費を含むサプライチェーンの中での最適化を目指すそんなデータ農業の先進的な取り組みを紹介しながら、日本の農業の未来を展望する。

(集英社インターナショナル 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る

人気キーワード