「DNA再起動 人生を変える最高の食事法」シャロン・モアレム著 中里京子訳

公開日: 更新日:

 炭水化物抜きダイエットをやったことがある人は少なくないだろう。しかし、成果が出る人もいるが、思った以上に痩せないという人もいる。逆に、炭水化物を3食しっかりと食べた方が痩せるという人もいる。いったい何が本当なのか。

 医師である著者は、誰にも等しく効果をもたらすダイエット法など存在せず、その鍵を握るのは遺伝子であると解説。遺伝学や栄養学の知識を融合し、DNAに合わせて行う食事法について紹介している。

 私たちの唾液の中にはアミラーゼという酵素が含まれ、でんぷん分子を切り刻んで麦芽糖に変える働きをしている。しかし、唾液中に含まれるアミラーゼの量はすべての人が同じというわけではない。両親から受け継いだ、アミラーゼをつくるAMY1遺伝子のコピーが多い人ほど、アミラーゼの量が多いのだという。

 アミラーゼが多い人の場合、炭水化物を大量摂取すると同時に大量の麦芽糖が作られるため、血糖値が急上昇して肥満につながるのだろうか。実は全く逆で、AMY1遺伝子のコピーが多く唾液にアミラーゼが大量に含まれる人ほど、糖が押し寄せることを体が予測していて、より早く、多くインスリンが分泌されていることがアメリカの研究で分かっている。そして、AMY1遺伝子のコピーが多い人ほど血糖値が低く肥満になりにくく、コピーが少ない人ほど肥満になりやすいことが判明しているという。

 本書では、無塩のクラッカーを噛みしだき味が変わる時間を計ることで分かる、AMY1遺伝子の診断テストを紹介。DNAのタイプ別に適した1日の炭水化物摂取量などが示されている。巻末には、おすすめの献立も掲載。健康やダイエットの成果を高めたいなら、DNAに合う食事法が不可欠なのだ。

(ダイヤモンド社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  6. 6

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る

人気キーワード