「室温を2度上げると健康寿命は4歳のびる」笹井恵里子著

公開日: 更新日:

「STAY HOME」の合言葉のもと、例年以上に家にこもって過ごすことが増えそうな今年の冬。健康管理のために食事に気を使ったり、運動不足解消を心掛ける必要があるが、もうひとつ気をつけたいのが、室温の管理であると本書は警告している。

 自宅の居間や寝室の室温を知るために、温度計を置いているという人はどのくらいいるだろう。寒く感じれば暖房をつけるし、節約したいなら着込んで調節するから温度計など必要ないという人もいるかもしれない。しかし、冬の日本の住宅は意外と寒い。国土交通省の調査では、居間16・8度、寝室12・8度、脱衣所13・0度という結果が出ている。

 一方、WHOが策定した「住宅と健康に関するガイドライン」によると、冬の最低室温は18度とされている。これより低いと体にさまざまな悪影響を及ぼし、16度未満では呼吸器系疾患に影響があり、9~12度では血圧・心血管疾患リスク上昇と警告されているのだ。

 また、米国心臓協会が監修する高血圧国際医学誌「Hypertension」によると、室温20度の寝室で起床したときと比べて、10度の寝室で起床した場合、80代男性は血圧が10・2、女性では11・6も上昇することが分かったのだという。これは、血圧にとって絶対悪ともいわれる塩分の過剰摂取や喫煙習慣による影響よりも遥かに高い数値だ。

 ほかにも、脳神経の老化や呼吸器症状の悪化、睡眠の質の低下、そして仕事への集中力の低下など、寒い部屋で過ごすことによる弊害を解説する本書。窓側に暖房器具を置く、カーテンと床の隙間をクッションで埋める隙間風対策など、暖かい家にするためにできる簡単な工夫も紹介している。健康を守りたいなら、部屋は暖かく、である。

(光文社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  2. 2

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

  3. 3

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  6. 6

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  7. 7

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  8. 8

    佐高信氏「中小企業が生き延びる道は“大”にならないこと」

  9. 9

    セ首位打者DeNA佐野恵太“驚異のウンチク” ラミ監督も評価

  10. 10

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

もっと見る

人気キーワード