「心が折れた人はどう立ち直るか」遠山高史著

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染爆発を起こしているのは、過密さだけだろうか。15年ほど前のホーチミン市では、戸外で家族や近所の人がテーブルを囲んで食事をしていた。

 一方、ニューヨークでは、普通の民家であってもチェックなしに玄関のドアが開かれることはない。これがコロナ対策の効果の違いに影響しているのではないか。密なコミュニティー自体がウイルス蔓延を助長しているのではなく、むしろその逆ではないか。

 読売新聞で、ベトナムがウイルスの制圧に成功したのは一党独裁による強権支配のおかげだとしていたが、私はそう考えない。

「コロナうつ」と闘う精神科医が現代の社会不安を読み解く。

(プレジデント社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る

人気キーワード