「疫病2020」門田隆将著

公開日: 更新日:

 2020年1月、武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎患者が日本で初確認された。米国は武漢からの直行便や乗り継ぎ便の乗客の症状の有無を疾病対策センターが調べた。

 ところが日本の厚労省は、武漢からの帰国者に症状を自己申告するよう求めただけだ。春節には70万人もの中国人が日本を訪れるのに。中国では、日本入国時に解熱剤をのみ、質問票の発熱と咳(せき)の項にNOと答えればよいとの情報が流れた。安倍政権にも野党にも危機管理意識が欠如し、国会では「桜を見る会」審議に時間が費やされた。厚労省には研究機関の国立感染症研究所があるだけで「専門家集団」がいないのだ。

 コロナ禍によって明らかになった日本の危機管理の実態をリポート。

(産経新聞出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る

人気キーワード