「諦めない女」桂望実著

公開日: 更新日:

 フリーライターの桃子は、人生の一発逆転を懸け、京子へのインタビューにこぎ着ける。12年前、京子の6歳の娘・沙恵が行方不明に。京子のアルバイト先のペットショップに学校帰りに来た沙恵と帰宅途中の出来事だった。スーパーで牛乳を買っている間に、店の前のベンチで待っていたはずの沙恵の姿が消えていたのだ。

 京子に続いて、夫の慎吾や事件時に夫婦の部屋に詰めていた元婦人警官の美香、ペットショップの店長・大谷、慎吾の母・ふみえと父の富雄、沙恵の担任の友梨など、関係者への取材を進めると、娘が生きていることを信じてひたすら待ち続ける京子の異常とも思える姿が浮かび上がってくる。

 一章ごとに読者を裏切る意外な展開に徹夜必至の長編ミステリー。

(光文社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る

人気キーワード