「オランダ宿の娘」葉室麟著

公開日: 更新日:

 文政5年3月、オランダ商館長ブロムホフ一行が江戸参府のため長崎屋に到着。長崎屋は、何代も続くオランダ使節の定宿で、主人の源右衛門には15歳のるんと、13歳の美鶴という2人の娘がいる。

 一行の中に青い目をした少年がいた。少年は、帰国した先代商館長と遊女の間に生まれた丈吉だった。丈吉は、るんたちが知人のために万病に効く薬テリアカを探していると知り、清国の商人が持ち込んだテリアカが回船問屋の会津屋にあると伝える。会津屋の主人・八右衛門を訪ねると、薬の入手にはカルロス銀貨が必要だという。

 後日、元長崎奉行の遠山から譲られた銀貨を持って会津屋を再訪したるんらは、番頭殺しの現場に居合わせてしまう。

 史実を盛り込んだ迫真の時代ミステリー。

(早川書房 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る

人気キーワード