「今夜」小野寺史宜著

公開日: 更新日:

 超ミニのスカートをはいた女を盗撮した男に、笠間玄吾は「50万だな」と言った。玄吾とバイトで知り合った直井蓮児は、隣に立っていただけで恐喝の片棒をかつがされる羽目に。玄吾は2万円渡そうとしたが、蓮児は断って、錦糸町で一人酒を飲んで帰った。

 蓮児はボクサーで、デビュー戦の相手は瀬尾唯斗だった。アマで高校3冠を取ったエリートだったが、判定勝ちで勝った。だが、この戦いをゴールだと思った蓮児は燃え尽きて、次の試合で負けた。蓮児との戦いを単なる通過点とみていた瀬尾は、その後の試合で勝って日本タイトルを防衛した。(「直井蓮児の夜」)

 ちょっとした「悪」に手を染めた4人の男女が繰り広げる物語4編。

(新潮社 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  7. 7

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  8. 8

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  9. 9

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る

人気キーワード