「桂太郎」倉山満著

公開日: 更新日:

 著者が、今の日本に求められる指導者と絶賛する明治の宰相・桂太郎の生涯とその政治的功績を紹介する歴史テキスト。

 桂の何が凄いのか。まずは第1次桂内閣で日英同盟を結び、日露戦争に勝利。第2次桂内閣では日韓併合と条約改正を行い、幕末に不平等条約を押し付けられた日本を一等国に引き上げたことだという。

 さらに特筆すべきは明治41年に相互の領土保全などを約し、日米関係を安定化させた「高平・ルート協定」を締結。前年に各国と結んだ協定を合わせ、日本をどこの国にも滅ぼせない国にした。こうした外交家としての顔から、日露戦争後の経済政策に見る財政能力や、2大政党制への道筋をつけた先見の明まで。国民を導き、国を救うとはどういうことかを桂の生涯に学ぶ。

(祥伝社 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

もっと見る