「豊臣家臣団の系図」菊地浩之著

公開日: 更新日:

 秀吉の家臣団の系譜を解説した歴史テキスト。

 秀吉の家臣団は徳川家康ら「五大老」から、子飼いの加藤清正、福島正則、石田三成まで幅広い。なので、本書では天正10(1582)年の本能寺の変までに、秀吉に仕えていた者を取り上げる。信長が大名に登用した家臣のほとんどは尾張三郡の出身者か、永禄元(1558)年までに仕えた者に限定される。対して秀吉の家臣団にはそのような地域性はなく、その人事特性をひもとくキーワードは年齢だという。 秀吉よりも年長の「(蜂須賀)小六世代」、同じ年齢から15歳年下までの「二兵衛世代(竹中半兵衛と黒田官兵衛で二兵衛)」、そして「(賤ケ岳の)七本槍世代」など年代別、さらに武断派と文治派に分けて徹底分析し、その人間関係を読み解く。

(KADOKAWA 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  5. 5

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    故宮で贋作販売? 騙された日本人旅行者が生々しく証言

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る