「嫉妬の正体」谷沢永一著

公開日: 更新日:

「人間性の究極の本質は嫉妬である」と説いた著者が残した名著の復刻。

 悪徳の最たるものとして語られる嫉妬だが、日本人は嫉妬心が強く「他を圧して抜きんでた顕著な存在を、許容したがらない傾向を持つ」と指摘。一方でその嫉妬心が日本の国際競争力を促す動因になった面もあるという。

 実業家の松下幸之助は、嫉妬とは万有引力のようなもので精神力で取り除くことはできない。ゆえに嫉妬心はキツネ色に程よく妬(や)くならかえって人間の情は高まると語っている。

 そうした先人たちの言葉をひきながら、嫉妬と羨望の違いなど、嫉妬の正体に迫る。

 坪内逍遥に激しく嫉妬した森鴎外など、有名人らのエピソードを紹介しながら、自らの嫉妬心との向き合い方や、他人からの嫉妬の避け方などを語る。 (祥伝社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る

人気キーワード