「殺人記念日」サマンサ・ダウニング著 唐木田みゆき訳

公開日: 更新日:

 フロリダの高級住宅街に住むテニスコーチの「わたし」は、聴覚障害者の会計士・トビアスに成りすましてペトラに近づき、ベッドを共にする。しかし、健常者だと気づかれ、彼女を候補から外し、次に目をつけていたホテルのフロント係ナオミの監視を始める。

 わたしが探しているのは、妻のミリセントと2人で殺す4人目の犠牲者だ。そんな中、1年前に殺したリンジーの遺体が発見されてしまう。1年前、友人に預けていた娘の体調が悪くなり、呼び出されたわたしは、リンジーの殺害に立ち会っていない。警察の発表によると、リンジーの遺体は死後2、3週間だという。戸惑うわたしにミリセントは何も教えてくれない。

 シリアルキラーの夫婦を主人公にした戦慄の長編サスペンス。

(早川書房 1386円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る

人気キーワード