「喰うか喰われるか 私の山口組体験」溝口敦著

公開日: 更新日:

 ノンフィクション作家・溝口敦は、ほぼ半世紀にわたって山口組を取材。「血と抗争 山口組三代目」「山口組四代目 荒らぶる獅子」「ドキュメント 五代目山口組」など多くの本を書いた。

 ヤクザの大物たちをインタビューし、ときに飲食を共にし、自宅に招かれることもあった。怯えず、媚びず、平常心で彼らに相対し、聞きたいことを聞いて、遠慮なく書いた。取材する側とされる側の垣根を越えることはなかった。

「アサヒ芸能」の記者として山口組の取材を始めたのは、3代目組長・田岡一雄が心臓病で倒れ、入院したころのこと。場数を踏むうちにヤクザに詳しいライターとして知られるようになり、組関係の人脈も広がっていった。取材体験を時系列にたどった本作は、暴力団報道史であり、書き手の視点から見た山口組通史でもある。

 出版を中止しろと圧力をかけられたこともある。「若い者が何をするかわかりませんよ」と脅されたこともある。実際、著者は仕事場を出たところで暴力団関係者に刺され、入院。さらに、著者の仕事とはまったく無関係の息子に対する刺傷事件が起きた。「やり方が陰湿で、暴力団の風上にもおけない」と憤り、実行犯について組長の使用者責任を問う民事裁判を起こして戦ったこともある。

 それでも、あとがきで「50年間、私は山口組を相手に遊んでいたのではないかという気がする」と著者は書く。日本を代表する暴力団・山口組を憎むべき敵、壊滅すべきものと言い切れないものを心の内に感じているという。

 組織と個人がぶつかり合い、潰し合う凄惨な姿も見た。しかし、気持ちが通い合うと感じた親分もいた。反社会的勢力として絶滅の危機に瀕しながら、「男を売るヤクザ」の新しい道を手探りするリーダーもいる。彼らはこの先どうなるのか。取材相手の人間くささを伝える筆に、シンパシーがにじむ。

(講談社 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

人気キーワード