「保身 積水ハウス、クーデターの深層」藤岡雅著

公開日: 更新日:

 地面師とは、他人の土地を自分のものと偽って第三者に売り渡す詐欺師のこと。土地取引のプロであるはずの積水ハウスが、あろうことか地面師に55億円を騙し取られた事件は、積水ハウスの信用とブランドを大きく傷つけた。

 取引を仲介したのはペーパーカンパニー。本当の地主から送られた「取引していない」という内容証明付き書面。リスクの高い預金小切手での支払い。危険信号がいくつも点滅していたにもかかわらず、取引は実行された。これは本来「騙されるはずのなかった事件」ではないのか。

 事件後、全容解明を進めた積水ハウス会長の和田勇が突如失脚する事態となった。2018年1月の取締役会で会長職解任動議が提出され、社長の阿部俊則が会長職に就いたのだ。

 和田は社長・会長として20年積水ハウスに君臨し、圧倒的な実力と実績を誇っていた。解任動議は高齢の会長による絶対政治を解消する「ガバナンス改革」を標榜していたが、実態は違っていた。背景にあったのは地面師事件の「調査報告書」。そこには事件への社長責任が明記されていた。解任劇は、責任を問われた社長と経営幹部による「保身」のためのクーデターだった。結果、公開されるべき調査報告書は隠蔽された。

 著者は「週刊現代」などで数々の企業不祥事を取材してきた記者。本書では積水ハウスの地面師事件と社内クーデターの深層を探りながら、日本企業の腐敗構造までもえぐり出している。

 役職が上の者ほど責任から逃げる。小物ばかりトップになる。不都合なことを隠して、なかったことにする。下には厳しく、上には優しい、名ばかりのコンプライアンス。漂流する企業倫理……。日本には、いまだ経営責任者の不正を監視し、正す機能がないと著者は指摘する。ここに描かれている企業の負の側面は、いや応なしに今の政治状況に重なって見える。

(KADOKAWA 2090円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

  2. 2
    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

  3. 3
    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

  4. 4
    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

  5. 5
    阪神・佐藤輝が緊急一軍昇格も…大不振のウラに矢野監督の“8.25緩慢守備叱責”騒動

    阪神・佐藤輝が緊急一軍昇格も…大不振のウラに矢野監督の“8.25緩慢守備叱責”騒動

もっと見る

  1. 6
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 7
    Vチューバーをめぐる「フェミニスト議連」の抗議に署名6万件 なぜ反感を買ったのか?

    Vチューバーをめぐる「フェミニスト議連」の抗議に署名6万件 なぜ反感を買ったのか?

  3. 8
    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止

    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止

  4. 9
    阪神・矢野監督に告ぐ 佐藤輝明の才能を中途半端な起用で潰すことは許されない

    阪神・矢野監督に告ぐ 佐藤輝明の才能を中途半端な起用で潰すことは許されない

  5. 10
    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る

    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る

人気キーワード