「星新一の思想」浅羽通明著

公開日: 更新日:

 ショートショートの名手として誰もが知る作家・星新一。彼は知名度の高さに反して、長年批評の対象として扱われてこなかった。

 しかし最近、星作品の卓越した予見力に注目が集まっている。例えば「声の網」という作品には、忘れそうなものを保存でき、必要に応じて電話一本で取り出せる情報銀行というアイデアが描かれ、私たちがネットを通して得ているサービスが詳細に出てくる。本書は、こうした先見力に満ちた星新一の全仕事を読み解きながら、彼の思想を考察した一冊だ。

 著者は、彼の思想の根底に秘密というキーワードがあると指摘。大正生まれの星は、兵役回避のために視力を低下させようと長年、本を近づけて読むようにし、計画を見抜かれないよう射撃部に入ったということをエッセー「眼鏡について」で告白しており、この経験が作品に登場するスパイにも反映されていると著者はいう。

 さらに通常のSF小説では、残虐な世界を警告するディストピアが描かれるのに対し、星作品では正義を相対化する「価値観の相対化」が行われているともいう。星作品を改めて読み返したくなること必至だ。

(筑摩書房 2200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

    元フジ久慈アナ NBA渡辺選手との“電撃婚約”発表に「大谷翔平じゃないの?」の声

  2. 2
    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

    ロ軍入隊事務所「放火多発」の異常事態!プーチン大統領は国民世論と主戦論の板挟み状態

  3. 3
    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

    知床観光船“引き揚げ失敗”のお粗末 海上保安本部に聞いた「4つの疑問」

  4. 4
    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

    「ちむどんどん」ご都合主義のストーリー連発! 視聴者は戸惑いの「まさかや~」大合唱

  5. 5
    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

    ライオンが職員の指をガブリっ! ジャマイカの動物園での衝撃映像が話題

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

    メジャースカウトの狙いはキューバ勢!千賀やマー君より気になる外国人選手の名前

  3. 8
    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

    “血統書付き”の側近ナルイシキン長官 ピョートル大帝の血を引くとも

  4. 9
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  5. 10
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

人気キーワード