「ファイナル・ツイスト」ジェフリー・ディーヴァー著 池田真紀子訳

公開日: 更新日:

 懸賞金ハンターの名探偵コルター・ショウが、ある隠れ家に足を踏み入れるところから物語は始まる。

 彼の父アシュトンは、民間諜報企業ブラックブリッジが進めていた都市部活用構想というプロジェクトを調査中に不可解な死を遂げており、ショウは父の残した手がかりを元にこの隠れ家にたどり着いたのだ。父と共にブラックブリッジの秘密を探っていた仲間たちも次々と変死しており、隠れ家で手がかりを探すショウにもさまざまな罠が待ち受けていた。

 父親から伝授されたサバイバルの掟を胸に常に危険を察知しながら調査するショウは、ついに父が調べていた陰謀の核心が100年前の公文書にあることを突き止めたのだが……。

 本書は、1カ所にじっとしていられない流浪の名探偵コルター・ショウが活躍するシリーズ3部作第1期の完結編。第1作「ネヴァー・ゲーム」、第2作「魔の山」で展開された謎がついに回収される。主人公が執拗な妨害を受けながら、断片的な手がかりを元に真実に迫っていくストーリーはスリリング。どんでん返しの魔術師と呼ばれる著者ならではの予想外の展開が楽しめる。

(文藝春秋 2860円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

    パ優勝へ王手のソフトバンクは「7.5億円 松田・千賀資金」争奪戦が選手のモチベーション

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

    羽生結弦氏が憧れた“皇帝”プルシェンコ氏「招集令状がきても逃げない」発言の波紋

  4. 4
    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

    「後継不在の安倍家」は断絶やむなし…衆院山口新区割りで“岸家維持”の舵切りか

  5. 5
    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

    旧統一教会が民放2社と弁護士3人提訴で“宣戦布告” 全国弁連は「脅し、焦りの裏返し」と指摘

  1. 6
    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

    アMVP争いはジャッジが有利 今季導入「大谷ルール」に反感ありと来日中のNBA記者が証言

  2. 7
    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

    「SMAPって何か悪い事した?」歌番組での過去映像“完全スルー”にファンから落胆の声

  3. 8
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 9
    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

    内部資料で発覚 旧統一教会が高額献金者を「高度危険者」と呼んでいた卑劣な理由

  5. 10
    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声

    三浦瑠麗氏「はしたない」の大ブーメラン!シースルー喪服で国葬参列に《どちらが?》の声