公開日: 更新日:

 港町で生まれたマリは、父親を知らない。母もその男が誰なのか知らないという。恐らく欧米の血が入っているであろうマリは成長し、やがて女優の道を歩み出す。そして今、目の前にいるのはスター俳優の一条秋人だ。

 共演から男女の仲になったが、ベッドで秋人は常に高圧的だった。気持ちは冷めていっても、秋人に触れられると声が出てしまう。彼に教わった体の奥のほうが刺激されると脳がしびれるのだ。

 あるとき、出演映画の取材を2人で受けたが、その夜、秋人に「マリは生意気だった」とキレられた。秋人の容赦ない乱暴さの中でマリは「やめて」と懇願しながらも、そうすることで彼を挑発していたことに気づく。謝れば謝るほど興奮と快楽の波が大きくなっていくのだ。(「天然美人」)

 マリと秋人を取材した女性ライターと友人との会話を偶然耳にし、恋愛の駆け引きの術を知った25歳の夏実とバツイチの壮一郎の物語、その壮一郎と20年以上不倫関係にあったお里が利用した女性用風俗など、登場人物が緩やかにつながっていく6編の連作官能小説。

 さまざまな男女の関係性を描きながら、女性が人生を取り戻していく姿が浮かび上がる。

(幻冬舎 1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    基礎疾患ナシ20代コロナ軽症者が自宅で急変死!「第7波の死者数が最多になる恐れ」と専門家

    基礎疾患ナシ20代コロナ軽症者が自宅で急変死!「第7波の死者数が最多になる恐れ」と専門家

  2. 2
    豪州の農場に刺さった巨大な物体は…なんと「宇宙船」の破片!

    豪州の農場に刺さった巨大な物体は…なんと「宇宙船」の破片!

  3. 3
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  4. 4
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  5. 5
    昭恵夫人“安倍家追放”報道で東京→山口に移住?「スピリチュアル活動」も活発化の予感

    昭恵夫人“安倍家追放”報道で東京→山口に移住?「スピリチュアル活動」も活発化の予感

  1. 6
    ガーシーを国会議員に当選させた有権者の責任…気にいらない相手を「晒す」悪癖と驚愕の報酬

    ガーシーを国会議員に当選させた有権者の責任…気にいらない相手を「晒す」悪癖と驚愕の報酬

  2. 7
    NHK大慌て!全職員に「旧統一教会問題を取材せよ」とゲキ “#もうNHKに金払いたくない”警戒か

    NHK大慌て!全職員に「旧統一教会問題を取材せよ」とゲキ “#もうNHKに金払いたくない”警戒か

  3. 8
    ボロボロだった渋野日向子が突然“豹変”したワケ 全英女子8バーディー単独首位発進!

    ボロボロだった渋野日向子が突然“豹変”したワケ 全英女子8バーディー単独首位発進!

  4. 9
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 10
    TBS「水ダウ」に抗議の日本吃音協会が“逆炎上”している理由…過剰反応が芸人の仕事を奪う?

    TBS「水ダウ」に抗議の日本吃音協会が“逆炎上”している理由…過剰反応が芸人の仕事を奪う?