「マコクライシス」奥野修司著

公開日: 更新日:

 婚約会見後に発覚した金銭トラブルを発端として、バッシングにさらされた眞子さんと小室圭氏。4年間の会えない期間を経て一時金を辞退した末に結婚しても逆風は続いており、なかなか収まる気配がない。

 本書は、大宅壮一ノンフィクション賞受賞作家で、「天皇の憂鬱」「美智子さまご出産秘話」などの著書を持つ著者による、眞子さんの結婚を契機に考察したこれからの皇室論だ。

 なぜ眞子さんは自ら主導してまで小室氏との結婚にこだわり、世間はそれに反対したのか。著者は、皇室の女性が次々批判のターゲットとなった歴史を挙げながら、戦後「開かれた皇室」を目指した末に畏敬なき皇室のアイドル化現象が起きたことを指摘する。

 皇族の結婚相手は、戦前は華族か皇族から選ばれ、戦後は旧藩主や新興財閥、大学教授や外交官の娘へと移行し、眞子さんの代で国民レベルになったことも批判に影響した。

 今後、眞子さんに限らず、皇族は国民の人気という目に見えないものに翻弄されつつ存続できるのか。西ヨーロッパの皇室が次々と消えていったことを例に出し、日本の皇室の危機を訴えている。

(講談社 1540円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず