岡江久美子「はなまる」打ち切りは“熟年離婚”の引き金?

公開日: 更新日:

 大和田は11年間、司会を務めた「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日)を4年前に降板し、今は悠々自適。一人娘の美帆(30)も女優として着々とキャリアを積んでいるし、これからは夫婦水入らずで“フルムーン”を満喫……かと思ったら、「これは熟年離婚の危機です」と警鐘を鳴らすのは恋愛離婚カウンセラーの山崎世美子氏だ。

「夫婦とはいえ、もともとは赤の他人。互いに忙しく仕事をしてきたからこそ見えなかったものが、2人ともずっと家にいることでつまらないものまで目につき始め、トラブルの原因になる。2人は“すれ違い”くらいがちょうどよいのでしょう。『夫が定年退職して家庭に戻り、妻が一人の時間を奪われて衝突する』という典型的なケースの男女逆転型。岡江さんはこれまで主婦受けも考えておしどり夫婦を演じてきたのかもしれませんが、大和田さんが妻としての役割を岡江さんに強要すれば、『はなまる』終了が節目となって別居を決意するかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪観戦帰りに“密”発生確実 これが有観客で激ヤバの8会場

  2. 2

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  3. 3

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  4. 4

    「孤独のグルメ」超人気を支える主演・松重豊の人柄と気合

  5. 5

    ワクチン副反応で新たな混乱“アセトアミノフェン薬”が品薄

  6. 6

    キムタク新CMに海外ドラマも…やっぱり“ラスボス”の存在感

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    大政絢「飯テロドラマ」でコロナ後“ひとり飲み女子”急増?

  9. 9

    菅首相“恐怖人事”で延命足場固め「官邸のアイヒマン」粛清

  10. 10

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

もっと見る