ドラマの合間に歌舞伎の稽古…香川照之が働きまくるワケ

公開日:  更新日:

「いま日本で一番忙しい役者」ともっぱらだ。俳優の香川照之(48)に、「出ずっぱりで擦り切れないか」と心配する声が上がっている。

 ドラマ「半沢直樹」の敵役、大和田常務で話題になったかと思えば、先月は「宮本武蔵」に「LEADERS リーダーズ」とスペシャルドラマに立て続けに出演。今月からは連ドラの「MOZU」に出る。

 それに香川には歌舞伎役者、市川中車の顔もある。今年は初の全国巡業公演も。とまあ、まさに八面六臂(ろっぴ)の活躍だ。

 半沢役の堺雅人はCMこそ「トヨタ自動車」に「ソフトバンク」と5本もあるが、今期は連ドラ出演なし。すっかり半沢を食ってしまった大和田常務だが、確かに、擦り切れないか心配だ。

「それこそ分刻みのスケジュールで、さすがに肉体的な疲れを見せることはありますが、役者としては凄みを増している印象です。12年に歌舞伎デビューした頃は散々陰口を叩かれ、いびられましたが、最近では歌舞伎界でも『あの人は超人だ』と見る目が変わってきています。香川はドラマ撮影の合間を縫い、舞台の稽古もきっちりこなす。役者としての実力を認めざるを得ない。市川海老蔵も最初は嫌みを言っていたんですが、今では一目置いていますよ」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る