• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマの合間に歌舞伎の稽古…香川照之が働きまくるワケ

「いま日本で一番忙しい役者」ともっぱらだ。俳優の香川照之(48)に、「出ずっぱりで擦り切れないか」と心配する声が上がっている。

 ドラマ「半沢直樹」の敵役、大和田常務で話題になったかと思えば、先月は「宮本武蔵」に「LEADERS リーダーズ」とスペシャルドラマに立て続けに出演。今月からは連ドラの「MOZU」に出る。

 それに香川には歌舞伎役者、市川中車の顔もある。今年は初の全国巡業公演も。とまあ、まさに八面六臂(ろっぴ)の活躍だ。

 半沢役の堺雅人はCMこそ「トヨタ自動車」に「ソフトバンク」と5本もあるが、今期は連ドラ出演なし。すっかり半沢を食ってしまった大和田常務だが、確かに、擦り切れないか心配だ。

「それこそ分刻みのスケジュールで、さすがに肉体的な疲れを見せることはありますが、役者としては凄みを増している印象です。12年に歌舞伎デビューした頃は散々陰口を叩かれ、いびられましたが、最近では歌舞伎界でも『あの人は超人だ』と見る目が変わってきています。香川はドラマ撮影の合間を縫い、舞台の稽古もきっちりこなす。役者としての実力を認めざるを得ない。市川海老蔵も最初は嫌みを言っていたんですが、今では一目置いていますよ」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る