日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

25年ぶりがラストに…林隆三さんが開いた「覚悟」のライブ

「覚悟」のライブだったようだ。
 今月4日に腎不全で亡くなった俳優の林隆三さん(享年70)。先月28日に東京・目黒区のライブレストランで、実に25年ぶりのライブを行った直後の訃報だった。

 発売中の女性セブンによると、林さんは昨年夏に病院で「がん」と診断され、すぐに手術をしたが、だいぶ進行していたようで、本人も「長くはないかな」と話していたという。
 病魔にむしばまれつつも、ライブでは全17曲を歌い切り、林さんは打ち上げに参加できないほど疲れ切っていたそうだ。そのまま都内の病院に入院、4日の朝に息を引き取っている。

■晩年は横浜の豪邸でひとり暮らし

 林さんは先月、週刊誌の対談で、ライブについて「久しぶりに、お客様を目の前にしたライブなんでね、ちょっと緊張していますよ」「(ボイストレーニングは)ずっとやってるんですね。ボイトレとボディーエクササイズは」などと語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事