• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元祖おネエ系ジェニーいとう “格闘家芸”で夜の街を席巻中

「労働意欲をそがれるほど似ていない。でも、面白い」──。これってモノマネ芸人にとってある種、最高の褒め言葉じゃないか。おネエ系キャラでも人気だったジェニーいとうさんだ。最近、あの強烈にして爆笑必至のモノマネを見ない。今どうしているのか。

「“新宿2丁目から舞い降りたモノマネ界の妖精”、ジェニーいとうです。よろしくお願いね。アラ、ちょっとぉ、アナタ、笑いをこらえてない? 確かに、“新宿2丁目の化け物”って声も聞こえないではないわ。だけど、そんなの少数派よ、絶対に」

 新宿駅に近いホテルの喫茶室で会ったジェニーさん、こう言って記者を色っぽくにらんだ。派手なブルーのアイシャドーに紫色のシャツ。おまけに178センチ、94キロの偉丈夫ときた。正直、周囲の視線が痛い。

「フフフ、東京オリンピック開催が決まったじゃない。で、今は格闘家のモノマネに力を入れてるの。例えば、アニマル浜口の“いいか、京子、落ち着いていけよ。バカになれ! 気合だぁ!”とか、ボビー・オロゴンの“ふざけんじゃねぇよ”なんて具合よ。ワタシ、高校時代、柔道部にいて、くんずほぐれつの稽古をやってて突如、男性が好きになったくらいだから、格闘家はまさにタイプなの」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る