異色の女芸人みほ 「パイパイ!」で売れてもバイト転々

公開日:  更新日:

 レースクイーンやアイドルを経てお笑いをはじめた異色のオンナ芸人は、幼少から貧乏の連続だった!?

 地元は宮城で、県営住宅に家族5人で住んでたんです。私が子供のころ、すでに老朽化してました。木でできてるお風呂の戸が湯気で腐っちゃって取り外したままだから、玄関からお風呂がのぞけちゃうし。メンテナンスなんかしてもらえないので、学校の先生が家庭訪問に来た時、床が抜けそうになったり障子が倒れてきたりした。

 県営って収入が上がった世帯はすぐ出ていくんだけど、私は生まれも育ちも県営住宅。父が酒飲み、ギャンブル好きで、お金を家に入れてくれなかったから。

 私が中学の時に両親が離婚してからは母が働きながらきょうだい3人を学校に行かせてくれた。私も勤め始め、昼はニッセイレディ、夜は焼き鳥屋、土日はレースクイーンをやって家にお金入れてました。今も母と弟のひとりはそこに住んでいるので、私の実家はその県営住宅なんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る