ダメ出しにスネると消え…“午後の顔”小堺一機の新人時代

公開日:  更新日:

 お昼過ぎの人気トークバラエティー「ライオンのごきげんよう」(フジテレビ系)の司会は、前身番組を含めるとちょうど30年。すっかり午後の顔となった小堺一機さん(58)の原点は大学時代にまでさかのぼる。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 ボクが芸能界デビューしたのは77年、専修大学経営学部3年生のときでした。きっかけは、TBSの夕方の情報バラエティー「ぎんざNOW!」の出演です。この番組は視聴者参加型の生放送で、勝ち抜きスタイルのお笑いコンテスト「素人コメディアン道場」って名物コーナーがあったんですよ。テレビに出たいとか賞品が欲しいとか、中には有名人に会いたい、なんてヤツもいたりして、当時の中高生には凄い人気でした。

 5週勝ち抜くと、チャンピオンとしてレギュラーになれるんですが、初代チャンピオンが関根勤さんで、そのあとに清水アキラさん、吉村明宏さんらが続き、ボクは第17代チャンピオン。そのあと、竹中直人さん、柳沢慎吾君がチャンピオンになってます。また、とんねるずの石橋貴明君もしょっちゅう出てましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る