ダメ出しにスネると消え…“午後の顔”小堺一機の新人時代

公開日:  更新日:

 お昼過ぎの人気トークバラエティー「ライオンのごきげんよう」(フジテレビ系)の司会は、前身番組を含めるとちょうど30年。すっかり午後の顔となった小堺一機さん(58)の原点は大学時代にまでさかのぼる。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 ボクが芸能界デビューしたのは77年、専修大学経営学部3年生のときでした。きっかけは、TBSの夕方の情報バラエティー「ぎんざNOW!」の出演です。この番組は視聴者参加型の生放送で、勝ち抜きスタイルのお笑いコンテスト「素人コメディアン道場」って名物コーナーがあったんですよ。テレビに出たいとか賞品が欲しいとか、中には有名人に会いたい、なんてヤツもいたりして、当時の中高生には凄い人気でした。

 5週勝ち抜くと、チャンピオンとしてレギュラーになれるんですが、初代チャンピオンが関根勤さんで、そのあとに清水アキラさん、吉村明宏さんらが続き、ボクは第17代チャンピオン。そのあと、竹中直人さん、柳沢慎吾君がチャンピオンになってます。また、とんねるずの石橋貴明君もしょっちゅう出てましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る