日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織を鬼指導 メンタルの弱さを指摘したチャンコーチの箴言

 テニスの全米オープン男子シングルスでベスト4入りを果たした錦織圭(24)は6日(日本時間7日)の準決勝で、8年連続4強入りの世界ランク1位、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

 2人の通算対戦成績は1勝1敗で、今回が3度目の対戦。錦織は2011年11月のスイス室内・準決勝で勝っているが、この試は合ジョコビッチが肩の故障を抱えていた影響もあっての金星だった。つまり、今大会最強の相手ということになるが、すでに錦織の頭からはジョコビッチの実績は消えているに違いない。

 理由は、錦織のコーチであるマイケル・チャン氏(42)のメンタル改革にあった。今年6月のウィンブルドン終了まで、女子プロテニスの土居美咲(23・世界ランキング90位)のメンタル指導を行っていた児玉光雄氏(追手門学院大客員教授)がこう語る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事