• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フジ社長も評価 永島優美アナに備わる「カトパンにないもの」

「ユミパン」とか「チョーパン」と呼ばれ、ガ然、注目が高まっている女子アナがいる。体調不良や激ヤセで心配されるカトパンこと加藤綾子アナ(29)に代わり、フジテレビ朝の情報番組「めざましテレビ」のキャスターを務めた永島優美アナ(22)である。

 ことし4月に入社したばかりの新人にして、父親で元サッカー選手のスポーツキャスター、永島昭浩氏(50)ゆずりのキリリとした目元が魅力的な美女。おまけに度胸も満点で、ポスト・カトパン最右翼との声も出ている。フジ関係者が言う。

「ウチでは珍しく、学生時代にスポーツをちゃんとやってきた新人です。中高時代はチアリーディングに打ち込んだうえ、お父さんの影響かスポーツを見る目もあり、学生時代は徹夜して海外リーグのサッカーまで見ていたとか。そのためこの秋の『キリンチャレンジカップ』ではMCもこなしています。スポーツ経験のある女子アナとしては、バレーボールにチアと、体育会でやってきた石本沙織が入社した2003年以来だと盛り上がってますよ。倒れた加藤が音大(国立音大音楽学部)卒で、体を鍛えていなかったから、というわけじゃありませんけど、アナウンサーにとって体力は必要不可欠。上層部は今後、永島にスポーツの現場を踏ませるとともにバラエティーで顔を売り、エースとして育てていく方針だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る