フジ社長も評価 永島優美アナに備わる「カトパンにないもの」

公開日:  更新日:

「ユミパン」とか「チョーパン」と呼ばれ、ガ然、注目が高まっている女子アナがいる。体調不良や激ヤセで心配されるカトパンこと加藤綾子アナ(29)に代わり、フジテレビ朝の情報番組「めざましテレビ」のキャスターを務めた永島優美アナ(22)である。

 ことし4月に入社したばかりの新人にして、父親で元サッカー選手のスポーツキャスター、永島昭浩氏(50)ゆずりのキリリとした目元が魅力的な美女。おまけに度胸も満点で、ポスト・カトパン最右翼との声も出ている。フジ関係者が言う。

「ウチでは珍しく、学生時代にスポーツをちゃんとやってきた新人です。中高時代はチアリーディングに打ち込んだうえ、お父さんの影響かスポーツを見る目もあり、学生時代は徹夜して海外リーグのサッカーまで見ていたとか。そのためこの秋の『キリンチャレンジカップ』ではMCもこなしています。スポーツ経験のある女子アナとしては、バレーボールにチアと、体育会でやってきた石本沙織が入社した2003年以来だと盛り上がってますよ。倒れた加藤が音大(国立音大音楽学部)卒で、体を鍛えていなかったから、というわけじゃありませんけど、アナウンサーにとって体力は必要不可欠。上層部は今後、永島にスポーツの現場を踏ませるとともにバラエティーで顔を売り、エースとして育てていく方針だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る