カレンダーバカ売れ、ギャラ高騰 “錦織特需”で修造ウハウハ

公開日: 更新日:

 この人も「スーパーゾーン」に入ったようだ。

 ここ数日テレビで見ない日はなかった、スポーツキャスターの松岡修造(47)。男子プロテニス「ATPツアー・ファイナル」で4強入りを果たした錦織圭(24)の恩師で、試合では連日アツい解説を繰り広げていた。アスリートが無敵状態になることを「ゾーンに入る」といい、13日のダビド・フェレール(32)戦ではギアの上がった錦織を見て「スーパーゾーンに入りましたよ!」と修造オリジナル用語を絶叫していた。

 熱気と共に急上昇しているのが修造の評判とギャラだ。錦織は今季獲得賞金が日本円で約5億1500万円に到達したが、修造も負けていないという。「CM1本あたりのギャラは3000万~4000万円」(広告代理店関係者)という修造は、今年上半期の「タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)の男性部門で第1位(計10社)に君臨。さらに、9月5日に発売された日めくりカレンダー「まいにち、修造!」(PHP研究所、税込み1080円)も大ヒット中。「後ろを見るな! 前も見るな! 今を見ろ!」「今日から君は噴水だ!」「自分を持ちたいなら、サバになれ!」といった“修造語録”が人気だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る