カレンダーバカ売れ、ギャラ高騰 “錦織特需”で修造ウハウハ

公開日:  更新日:

 この人も「スーパーゾーン」に入ったようだ。

 ここ数日テレビで見ない日はなかった、スポーツキャスターの松岡修造(47)。男子プロテニス「ATPツアー・ファイナル」で4強入りを果たした錦織圭(24)の恩師で、試合では連日アツい解説を繰り広げていた。アスリートが無敵状態になることを「ゾーンに入る」といい、13日のダビド・フェレール(32)戦ではギアの上がった錦織を見て「スーパーゾーンに入りましたよ!」と修造オリジナル用語を絶叫していた。

 熱気と共に急上昇しているのが修造の評判とギャラだ。錦織は今季獲得賞金が日本円で約5億1500万円に到達したが、修造も負けていないという。「CM1本あたりのギャラは3000万~4000万円」(広告代理店関係者)という修造は、今年上半期の「タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター調べ)の男性部門で第1位(計10社)に君臨。さらに、9月5日に発売された日めくりカレンダー「まいにち、修造!」(PHP研究所、税込み1080円)も大ヒット中。「後ろを見るな! 前も見るな! 今を見ろ!」「今日から君は噴水だ!」「自分を持ちたいなら、サバになれ!」といった“修造語録”が人気だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  6. 6

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  7. 7

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る