今季終了の錦織圭 イベント引っ張りだこで心配な“オフ不足”

公開日: 更新日:

 錦織圭(24=日清食品)はATPツアー・ファイナル準決勝で世界1位のノバク・ジョコビッチ(27=セルビア)に敗れたものの、男子ツアーを統括するATPのカーモード会長は会見で、「彼がこれからスター選手として活躍することを確信している」と語った。

 同会長は、錦織が今後マスコミに追い回されることを懸念し、「彼にとっては負担も大きくなるので、メディアの皆さんには優しく接してもらえれば」とも言った。

 錦織の今季公式戦はすべて終了。11月22日には都内で、グランドスラマーのアンドレ・アガシ(44)とのチャリティーゲームが予定されている。

 だが、錦織にとって問題はその後だ。

 錦織の来シーズンは、1月4日のブリスベーン国際からスタート。翌週のクーヨン・クラシックから19日に開幕する全豪へと連戦が続く。12月に取れるつかの間のオフは、体のケアと休息にあてつつ、すぐにトレーニングを開始しなければならない。

 そんなことはお構いなしの大手メディアは当然、年末年始の目玉企画に錦織を起用したい。

 マネジャーは交通整理が大変だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る