沢田知可子「会いたい」替え歌裁判…あの有名人に飛び火も!?

公開日: 更新日:

 1990年発売のシングル「会いたい」が130万枚を売り上げた歌手の沢田知可子(51)を、同曲の作詞を手がけた作詞家の沢ちひろさんが著作者人格権侵害で提訴したことを「週刊現代」(講談社)が報じ話題になっている。

 同誌によると、沢さんは自分の体験談をもとに作詞したが、沢田は自分の体験談のように説明。昨年9月にバラエティー番組で替え歌「安定したい」を披露したことなどから、沢さんは「歌詞に敬意を抱いていない」と感じたという。さらに、沢田は今年7月に「会いたい」のタイトルと歌詞を無断で変更した楽曲を収録したアルバムを発売。沢さんが抗議し、販売中止になったが、回収の報告はなく、11月末に沢田の夫で所属事務所代表の小野澤篤さんとCDの販売元を提訴したというのだ。

「07年に、森進一が『おふくろさん』にセリフを加えて歌唱したことに作詞した川内康範氏が激怒。森は同曲を歌えなくなったが、川内氏の死後、遺族と和解にこぎつけ歌唱解禁となった。しかし、今回の件はそれよりも深刻な事態に発展しかねない」(レコード会社関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る