“シガチャン”こと元フォー・セインツの志賀正浩さんは今

公開日:  更新日:

 カレッジフォーク全盛時代の68年、「小さな日記」のヒットで売れっ子になったフォー・セインツ。72年には同じメンバーでフォー・クローバーズとして「冬物語」を歌い、これまた大いに売れた。リーダーだった志賀正浩さん(67)はグループ解散後、DJや司会者で活躍していたが、さて、今どうしているのか。

「一昨年は荒木しげるクン、今年はダニー石尾クンと相次いで亡くなり、フォー・セインツで残ってるのはボクと音楽出版社社長の上原徹クンの2人になっちゃった。当たり前の話、再活動できるはずもない。さみしい、本当にさみしいですよ」

 都内のホテル喫茶室で会った志賀さん、こう言って肩を落とした。志賀さん自身、「病気の話をしたら、止まらないくらいの経験をしてきた」とか。

「42歳、本厄の年、遊びに行ってたサイパンで突然、気管支ぜんそくで倒れ、集中治療室に運ばれて三途の川を渡りかけました。07年には網膜剥離になり、数回の手術のうちに左目を失明。同じ年に食道がんが発見され、その後、胃がん、食道がん、また胃がんとがんに4度かかった。幸い、いずれも初期だったので、内視鏡で除去できましたが。健康を取り戻せたのは、友人に勧められて自彊術を始めてから。今も週3回、スポーツジムに通い、実践してます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る