• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

見世物オペラ劇「身毒丸」 37年ぶりにオリジナル版が復活

 今年は詩人、歌人、劇作家、演出家、映画監督、競馬評論家とマルチに活躍した天才・寺山修司生誕80年。さまざまな記念イベントが展開されるが、第1弾は「演劇実験室◎万有引力」による舞台「身毒丸」。

 これは78年に紀伊国屋ホールで、寺山の主宰する「天井桟敷」によって上演されたもので、寺山の死後は、蜷川幸雄演出で再演を繰り返し、寺山作品の商業演劇化ではもっとも成功した舞台といえる。藤原竜也はこの舞台でデビューしている。

 しかし、蜷川版は劇作家・岸田理生が新たに脚色したもので、オリジナル版とは別もの。長年、ファンの間では天井桟敷版「身毒丸」の上演を待ち望む声は大きかった。実現が難しかったのは、オリジナル版は「説教節の主題による見世物オペラ」と題されたロックオペラであり、大がかりな演奏陣が必要だったからだ。

 今回、初演で寺山と共同演出したJ・A・シーザーが総指揮。ロックバンドのほか、管弦楽、箏(そう)、琵琶などの和楽器、コーラス隊など19人の音楽陣と俳優30人が集結、初演にも匹敵する陣容となった。中世説経節を題材に、母子信仰と「家」の問題を描く、毒々しく華麗な「見世物オペラ」。

「節目の年にこれが本来の身毒丸だという舞台が実現できたことはうれしい。蜷川版と見比べてほしいね」とJ・A・シーザー。

 世田谷パブリックシアターで今月29日~2月1日上演。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る