日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

見世物オペラ劇「身毒丸」 37年ぶりにオリジナル版が復活

 今年は詩人、歌人、劇作家、演出家、映画監督、競馬評論家とマルチに活躍した天才・寺山修司生誕80年。さまざまな記念イベントが展開されるが、第1弾は「演劇実験室◎万有引力」による舞台「身毒丸」。

 これは78年に紀伊国屋ホールで、寺山の主宰する「天井桟敷」によって上演されたもので、寺山の死後は、蜷川幸雄演出で再演を繰り返し、寺山作品の商業演劇化ではもっとも成功した舞台といえる。藤原竜也はこの舞台でデビューしている。

 しかし、蜷川版は劇作家・岸田理生が新たに脚色したもので、オリジナル版とは別もの。長年、ファンの間では天井桟敷版「身毒丸」の上演を待ち望む声は大きかった。実現が難しかったのは、オリジナル版は「説教節の主題による見世物オペラ」と題されたロックオペラであり、大がかりな演奏陣が必要だったからだ。

 今回、初演で寺山と共同演出したJ・A・シーザーが総指揮。ロックバンドのほか、管弦楽、箏(そう)、琵琶などの和楽器、コーラス隊など19人の音楽陣と俳優30人が集結、初演にも匹敵する陣容となった。中世説経節を題材に、母子信仰と「家」の問題を描く、毒々しく華麗な「見世物オペラ」。

「節目の年にこれが本来の身毒丸だという舞台が実現できたことはうれしい。蜷川版と見比べてほしいね」とJ・A・シーザー。

 世田谷パブリックシアターで今月29日~2月1日上演。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事