日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「若作りしないと…」 上川隆也がファンの要望に“自虐”で笑い

 俳優の上川隆也(49)が19日、ドラマスペシャル「最後の証人」(テレビ朝日系、24日21時~)のイベントに出席。主演作の見どころを開口一番、こう語った。

「あにはからんや、衝撃の結末。種明かしになってしまうので題名は伏せますが、アガサ・クリスティのある作品に負けないぐらいの大どんでん返し。一筋縄ではいかないストーリーを楽しんでください」

 柚月裕子の同名小説をドラマ化。自身の正義を貫く上川演じるヤメ検弁護士が、勝ち目のない裁判に挑む法廷ミステリーだ。

 この日は慶大法学部の学生30人らと膝を突き合わせ、あれやこれやとアツいトークを展開。事前に番組を試写した男子学生からは続編の希望と、こんなリクエストが向けられた。「主人公の検事時代を描いた同シリーズが映像化される際には、主人公は同じく上川さんで見てみたい」。役者冥利に尽きるひと言を受け、本人は「うれしいですね。でも、今回より若い時の話だから、若作りしないと」と自虐し、会場の笑いを取っていた。

 イベントには共演者の松下由樹(46)と原作者の柚月氏も出席した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事