• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

47年前にカンヌで開眼 酒井政利氏が語る「ワインの思い出」

 南沙織、山口百恵、ジュディ・オング、郷ひろみ、宮沢りえ……一世を風靡した多くのスターをプロデュースした酒井政利さん(76)。今も音楽業界の重鎮として、夜の付き合いも多い。大好きなのが赤ワインで、フルボトルを軽く1本空けるという。ワイン開眼のエピソードを語ってもらった。

 ワインとの出合いは今から47年前、1968年です。当時、日本コロムビアから、創業間もないCBS・ソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)へ移籍し、心新たに第一歩を踏み出したばかりでした。

 配属されたのは国内制作班で、プロデュース第1号がその年の9月5日に「オリビアの調べ」でデビューした、ジャニーズ事務所のフォーリーブスです。東芝EMIが奥村チヨ、黛ジュン、日本コロムビアは辺見マリ、ちあきなおみといったポップス調だけど、やや大人の雰囲気の歌手を売り出して成功していましたから、私たちはまったく別のヤングポップス路線でいこうと決めていたのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る