不祥事、使い勝手で小川直也が敬遠され…篠原信一が急浮上

公開日:  更新日:

 柔道五輪銀メダリストでタレント、プロレスラーとしても活動する、小川直也(46)が窮地に立たされている。

 道場長を務める「小川道場」(神奈川県茅ケ崎市)の指導料の支払いを巡って小川が元道場生の親を提訴したが、その訴訟の中で小川が継続的に暴力をふるっていたとする陳述書が、被告側サイドで別の元道場生の親から出されていることが報じられたためだ。その陳述書によると、小川は中学生に絞め技をかけ気絶させたり、道場生を殴って口から出血させたり日常的に暴力をふるっていたという。

「小川の現役当時は指導者が手を出すのは当たり前だったが、このご時世、そんな“常識”は通用しない」(柔道関係者)

 かつて小川はPRIDEやハッスルのリングで大活躍し全盛期の年収は1億円を突破。現在はバラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)の人気コーナー「男気ジャンケン」のレギュラーやトヨタ自動車のCMにも出演するなど、相変わらず柔道指導以外の“副業”で稼いでいるが、このままだと、テレビから消えそうだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る