かつて“遺影”の役も…佐々木希がヤンキー路線で「大根」返上

公開日: 更新日:

 大根はもう“返品”のようだ。永作博美(44)主演映画「さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~」(姜秀瓊監督)の公開初日舞台あいさつが28日、都内で行われた。

 サプライズで台湾出身の姜監督の手紙が読まれると、永作は目頭を押さえて「グッときました」と感激の様子。しかし、主演の永作以上に監督の手紙が胸にこたえたのは共演の佐々木希(27)だろう。「監督はたくさんのことを教えてくれた」と涙目になっていたが、さもありなん。

 この映画は能登半島を舞台に、永作演じるコーヒー店の店主と、佐々木演じる2人の子供を持つシングルマザーが心通わせていく姿を描いている。佐々木といえば、モデルから女優に転身したものの演技はなかなか上達せず、「大根」のレッテルを貼られ続けた。

「佐々木に演技の素質がないわけではなく、これまでの作品の監督たちは大手事務所の所属で売れっ子の佐々木に対して演技指導も遠慮があり、及び腰だった。ところが、佐々木のことを知らない女流の姜監督は、女性ならではの視点でとことん女優として大切な要素を教え込んだ。姜監督はアジアの名匠エドワード・ヤンの後継者とも目される実力派。おかげで佐々木は殻を打ち破ることができたのです」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  3. 3

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  4. 4

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    オリが獲得“282本男”ジョーンズにユーキリスの二の舞懸念

  8. 8

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  9. 9

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る