30分枠で全5回の緊迫感 ドラマ「She」に見た挑戦と企画

公開日:  更新日:

【連載コラム 「TV見るべきものは!!」】

 たとえば、「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)や「アイムホーム」(テレビ朝日系)を見ていて、ふと思う。これって全10回、つまり10時間を費やさないといけない話なんだろうかと。

 池井戸潤の原作小説も石坂啓の原作漫画も、いわゆる大作ではない。むしろ一気読み可能な中編だ。それを全10回に仕立てる際の“水増し感”が気になるのだ。これが、もしも半分の全5回だったら、ドラマ全体がぐっと引き締まり、緊迫感も増していたはずだ。

 実は先週末に最終回を迎えたNHKの土曜ドラマ「64(ロクヨン)」も、この「She」も全5回の放送だった。どちらも、ある謎を追うサスペンスドラマであり、最後まで見る側を“安心”させずに引っ張り続けていた。

「She」の舞台は高校だ。突然、学年一の美少女、あづさ(中条あやみ)が姿を消す。学校側は生徒から事情を聴くが、原因や行き先を知る者はいない。しかし、ジャーナリスト志望の涼子(松岡茉優)が真相を探るうち、あづさだけでなく、クラスメートたちの秘密も明らかになっていく。

 高校生のリアルな距離感と関係性を見せた、松岡たちの好演。ドキュメンタリーのような手持ちカメラの映像。また、問題の当事者が不在のままの推理劇という点も挑戦的だった。30分枠で全5回のドラマ。こういう企画がもっと増えてもいい。(上智大学教授・碓井広義=メディア論)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る