• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

滝クリ「全仏OPキャスター」起用に透けるテレビ局の“下心”

「今日は、錦織選手の練習を見に行ってきました」

 19日、自身のブログでこうつづったのは、滝川クリステル(37)。24日から始まる「全仏オープンテニス」に向けてフランス入りした滝クリは、テレビ東京での中継キャスターに就任。試合に出場する錦織圭(25)と再会し、「練習後、錦織選手から、『やっと来れましたね!』って笑 ずいぶん前から、会う度に、いつか一緒に仕事ができるといいね!と話していたので、念願の形での再会でした」と記した。

 20年の東京五輪開催を決めたIOC総会で、「お・も・て・な・し」スピーチを披露した滝クリだが、スポーツ番組の司会を務めるのは意外にも初めて。フランス人の父と日本人の母をもち、学生時代はテニスに打ち込んだ経歴が起用理由だろうが、他にもこんな事情が透けるという。

「滝クリはスピーチの影響で五輪のイメージキャラのようになっているため、今後は五輪に向けてニュース系以外のスポーツ番組の司会も増えてくるでしょう。ここ数年は動物愛護運動にも熱心で、去年夏には動物愛護団体を立ち上げ、環境大臣に働きかけるほど。招致活動をきっかけに政府との関係も強くなっているため、来年はともかく、4年後の参院選候補として白羽の矢が立つ可能性が高いといわれている。開催地や費用など、問題山積の東京五輪は批判の的になる事案も多いため、滝クリの起用はテレビ局はもちろん、政府にとっても“風よけ”とイメージアップにつながる」(マスコミ関係者)

 5年間交際した小沢征悦(40)とは破局。五輪と動物に人生を捧げるのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る