• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大内義昭さんが生前明かしていた「愛が生まれた日」誕生秘話

 カラオケの定番デュエットソング「愛が生まれた日」(94年)などのヒット曲で知られる音楽プロデューサーの大内義昭さんが22日、がんのため北九州市内の病院で死去した。享年55。

 87年に小比類巻かほるの「HOLD ON ME」をヒットさせたのをはじめ、多くの歌手に楽曲を提供。また、ドラマの主題歌やCMソング、Vシネマの音楽担当など幅広く活動してきた。中でも、200万枚の大ヒットを記録し、94年のNHK紅白にも出場したのが藤谷美和子(52)と歌った「愛が生まれた日」だった。

 かつて大内さんが日刊ゲンダイ本紙コラム「あの人は今こうしている」に登場した際、今も歌い継がれる名曲の意外(!?)な誕生秘話をこう明かしていた。

 大内さんにとってヒットは予想外だったようで、「あのときは不思議な気分でしたね。そもそも『愛が生まれた日』の話をいただいたときも、“こんな歌謡曲チックな歌、売れるわけない”って思ってましたし。ファンだった藤谷さんに会えればいいや、ぐらいの軽い気持ちで引き受けたのが正直なところで」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る