日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

俳優・美木良介が懐かしむ 寿司職人の父と飲んだ酒の思い出

 NHK朝の連続テレビ小説「心はいつもラムネ色」などで爽やかな魅力を放っていた美木良介さん(57)。近年はオリジナル健康法“ロングブレスダイエット”を提唱して人気だ。そんな美木さんは、父親と飲む酒が何よりも好きだったという。

■2人で一晩で一升瓶を開けたことも

 酒は強いし、すごく好きです。何といっても、ボクは小学5年生から飲んでいましたから(笑い)。

 ボクに酒を飲ませたのは、寿司職人だった父。毎晩、夕食前に「食欲が湧くから」と、ビールを1杯飲ませるんです。ボクはおいしくないなぁ、と思いながら飲んでいたけど、いつの間にかおいしいな、と(笑い)。でも、1杯以上は飲みませんでした。それも、中学3年まで。高校は甲子園の常連校・岡山東商業高校に越境入学(出身は兵庫・姫路)し、寮に入ったので。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事