• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

番組“劣化”で次々低視聴率 フジテレビにつけるクスリなし?

【連載コラム 「あれもこれも言わせて」】

 EXILEのAKIRA主演の新ドラマ「HEAT」(フジテレビ系)第2話の視聴率が3.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)に下がった。初回6・6%なので、いずれこんなふうになることは予想できたが、それにしても、2話にしてこの下げっぷりは凄い。

 番組のサイトによると「このドラマは、総務省消防庁および東京消防庁の全面協力のもと、史上初となる消防団を舞台にしたドラマ」とある。だったら真っ向勝負で消防団を描けばいいのに、なぜ、都市開発会社のエリートビジネスマンが開発プロジェクトを成功させるために身元を隠して消防団に入団する、など余計なストーリーを入れてきたのか。

 火を見たらカーッと熱くなる単純男というならまだしも、そんな複雑な役柄を“筋肉俳優”のAKIRAにやれるわけがないだろう。彼がどれだけ大根かってことは「GTO」ですでに証明済みのはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る