トランプ氏暴言で波乱 宮本エリアナの「世界大会」どうなる?

公開日: 更新日:

 来年の米大統領選挙に共和党から出馬を表明しているドナルド・トランプ氏(69)。「メキシコ移民は麻薬密売人と強姦魔」などと差別的な発言を繰り返し、アメリカ社会に波紋を呼んでいるが、その影響が世界的イベントにも飛び火した。来年の「ミス・ユニバース世界大会」の開催が危ぶまれているのである。

 ミス・ユニバース世界大会は総資産40億ドル(約5000億円)とされる“不動産王”トランプ氏(トランプ財団)と、米放送局NBCが共同出資して毎年1月に開催される。ところが、一連の発言を受け、NBCは今年6月に放送中止を決定。メディアの総攻撃もあり、大会の開催そのものが怪しくなってきた。

 トランプ発言にカンカンのメキシコは、今大会に代表を出場させないと発表。コロンビアもボイコットを決めた。これで俄然、注目を集めているのが、今年3月にミス・ユニバース日本代表に選ばれたモデルの宮本エリアナ(21)だ。アフリカ系アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれた宮本は、ハーフとして初めて日本代表になり、「日本と世界から人種への偏見をなくしたい」と訴えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  9. 8

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

  10. 9

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

  11. 10

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

もっと見る