• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トランプ氏暴言で波乱 宮本エリアナの「世界大会」どうなる?

 来年の米大統領選挙に共和党から出馬を表明しているドナルド・トランプ氏(69)。「メキシコ移民は麻薬密売人と強姦魔」などと差別的な発言を繰り返し、アメリカ社会に波紋を呼んでいるが、その影響が世界的イベントにも飛び火した。来年の「ミス・ユニバース世界大会」の開催が危ぶまれているのである。

 ミス・ユニバース世界大会は総資産40億ドル(約5000億円)とされる“不動産王”トランプ氏(トランプ財団)と、米放送局NBCが共同出資して毎年1月に開催される。ところが、一連の発言を受け、NBCは今年6月に放送中止を決定。メディアの総攻撃もあり、大会の開催そのものが怪しくなってきた。

 トランプ発言にカンカンのメキシコは、今大会に代表を出場させないと発表。コロンビアもボイコットを決めた。これで俄然、注目を集めているのが、今年3月にミス・ユニバース日本代表に選ばれたモデルの宮本エリアナ(21)だ。アフリカ系アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれた宮本は、ハーフとして初めて日本代表になり、「日本と世界から人種への偏見をなくしたい」と訴えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る