阿部サダヲ本領発揮…骨太ドラマ「経世済民の男」は見応えあり

公開日:  更新日:

【連載コラム 桧山珠美の「あれもこれも言わせて」】

 5日放送のNHK放送90年ドラマ「経世済民の男 小林一三~夢とそろばん~(前編)」。主演は阿部サダヲ。小林と阿部とは、イメージが違い過ぎるのではと危惧したが、ストーリーがことのほか面白く、そんな些末なことなど気にもならなかった。

 小林といえば、阪急電車をつくり、ターミナル駅にはデパート、終点に観光施設(宝塚歌劇)をつくるなど、鉄道会社のビジネスモデルをつくった人として知られる。ドラマではそういう仕事部分のほか、プライベートも描かれており、仕事がうまくいかないと妻に八つ当たりするなど、意外なダメ男っぷりに親しみを持てた。阿部の本領発揮。こういうところが実にうまい。果たして、後編の成功者としての小林を阿部がどう演じるか見モノだ。

 また、妻・コウ役の瀧本美織、銀行員時代の上司・岩下清周役の奥田瑛二などキャスティングもいい。12日放送の後編はいよいよ宝塚歌劇団の設立エピソードもあるようで、なんとも楽しみ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

  9. 9

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  10. 10

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

もっと見る