• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エヴァ&進撃の巨人 最強タッグが作る本家ゴジラへの期待度

「ゴジラ」が復活する。昨年、すでに復活したではないかと言う人がいると思うが、そうではない。昨年公開されたのはハリウッド版で、今回は純然たる本家本元、東宝が製作する「ゴジラ」である。この秋から製作開始、来年の夏に公開の運びだ。

 日本版は04年の「ゴジラ FINAL WARS」が最後。実に12年ぶりの公開となる。製作陣に驚いた。総監督・脚本は「エヴァンゲリオン」で知られる庵野秀明。監督・特撮は今年夏に公開予定の「進撃の巨人」の樋口真嗣。2人ともゴジラ映画への造詣が極めて深く、いわば真打ち登場なのだ。

 総監督と監督の違いが気になる。関係者に聞いた限りでは、脚本を担当する庵野氏が筋の展開など作品全体の輪郭、見取り図を作り、撮影の実務を行う製作現場の仕切りは樋口氏が担うという。その上に立って、両監督が総合的な判断をして、映画を完成させていくのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る