エヴァ&進撃の巨人 最強タッグが作る本家ゴジラへの期待度

公開日: 更新日:

「ゴジラ」が復活する。昨年、すでに復活したではないかと言う人がいると思うが、そうではない。昨年公開されたのはハリウッド版で、今回は純然たる本家本元、東宝が製作する「ゴジラ」である。この秋から製作開始、来年の夏に公開の運びだ。

 日本版は04年の「ゴジラ FINAL WARS」が最後。実に12年ぶりの公開となる。製作陣に驚いた。総監督・脚本は「エヴァンゲリオン」で知られる庵野秀明。監督・特撮は今年夏に公開予定の「進撃の巨人」の樋口真嗣。2人ともゴジラ映画への造詣が極めて深く、いわば真打ち登場なのだ。

 総監督と監督の違いが気になる。関係者に聞いた限りでは、脚本を担当する庵野氏が筋の展開など作品全体の輪郭、見取り図を作り、撮影の実務を行う製作現場の仕切りは樋口氏が担うという。その上に立って、両監督が総合的な判断をして、映画を完成させていくのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  3. 3

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  4. 4

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  5. 5

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  8. 8

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  9. 9

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  10. 10

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

もっと見る