• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「偽装の夫婦」も得意路線 天海祐希が“安全運行”に徹する理由

 2日に放送された「私という名の変奏曲」(フジテレビ系)で憎まれ恨まれ殺される“悪い女”を演じた天海祐希(48)。会見では本人も「役柄的に私に合わないのではと思ったけど、役柄だから楽しく演じた」と語っていたとおり、今の天海に悪女イメージはない。

 むしろ、理想の上司ランキングで6年連続トップになるなど、頼れる男前な姉御風女子がハマリ役だ。

 だから、9月27日に放送された「緊急取調室」(テレビ朝日系)の取調官役や、7日スタートの「偽装の夫婦」(日本テレビ系)でのコミカルな役のほうが似合うというのがちまたの意見。そのせいか視聴率でも、「緊急取調室」は14.6%、「偽装の夫婦」の初回視聴率は14.7%とまずまずだったのに対し、悪女役を演じた「私という名の変奏曲」は9・1%と期待外れに終わってしまった。

「それでも、宝塚を退団し女優デビュー後の天海の出世作は05年の主演ドラマ『女王の教室』です。クラスを支配する悪魔のような女教師を演じて、最終回には25%を超える視聴率を叩き出している。むしろ凄みのある悪女役を経て大女優への道を歩き始めたと言ってもいい。当時は、子役たちが“カメラが回ってない時の天海さんが一番怖い”と怯えていたほど悪魔のような女教師役に徹していました」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る