「偽装の夫婦」も得意路線 天海祐希が“安全運行”に徹する理由

公開日:  更新日:

 2日に放送された「私という名の変奏曲」(フジテレビ系)で憎まれ恨まれ殺される“悪い女”を演じた天海祐希(48)。会見では本人も「役柄的に私に合わないのではと思ったけど、役柄だから楽しく演じた」と語っていたとおり、今の天海に悪女イメージはない。

 むしろ、理想の上司ランキングで6年連続トップになるなど、頼れる男前な姉御風女子がハマリ役だ。

 だから、9月27日に放送された「緊急取調室」(テレビ朝日系)の取調官役や、7日スタートの「偽装の夫婦」(日本テレビ系)でのコミカルな役のほうが似合うというのがちまたの意見。そのせいか視聴率でも、「緊急取調室」は14.6%、「偽装の夫婦」の初回視聴率は14.7%とまずまずだったのに対し、悪女役を演じた「私という名の変奏曲」は9・1%と期待外れに終わってしまった。

「それでも、宝塚を退団し女優デビュー後の天海の出世作は05年の主演ドラマ『女王の教室』です。クラスを支配する悪魔のような女教師を演じて、最終回には25%を超える視聴率を叩き出している。むしろ凄みのある悪女役を経て大女優への道を歩き始めたと言ってもいい。当時は、子役たちが“カメラが回ってない時の天海さんが一番怖い”と怯えていたほど悪魔のような女教師役に徹していました」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る